2021年1月19日

ハスキー、比類なきスケールと品質でパーツのデザイン全体の自由度を上げて市場投入までの時間を短縮することを目的として設計された画期的な射出成形最新技術システム「ウルトラショット射出システム」を発表

オンタリオ州ボルトン – プラスチック加工業界の大手技術プロバイダーであるHusky Injection Molding Systems Ltd.は、「ウルトラショット射出システム」を発表しました。この革新的な次世代の溶融供給および制御システムにより、完璧なパーツを大規模に比類なき品質で成形することを可能にすることで、従来の射出成形プロセスの不備が解消され、製造業者にとって他に例のない価値と機会が生み出されます。

「ウルトラショット射出システムを使用して、私たちは射出成形プロセスを再構築しています。私たちは、従来の射出成形プロセスの障壁を壊すことで、より高いレベルの性能を実現し、パーツデザイン全体の自由度を上げています。ウルトラショット射出システムは大変革をもたらすシステムで、業界の他のどんなシステムよりも優れた制御を実現します。このアプローチは、需要が大きく増え続け、市場への投入時間の短縮が求められる現代においては特に重要です。これはたとえば、生産のリスクとスケーラビリティが重要になる医療市場が当てはまります」と、ハスキーの社長兼最高経営責任者であるJohn Galtは述べています。

キャビテーションのスケーラビリティを強化しながら市場への投入時間を短縮

ウルトラショット射出システムの高度な射出制御技術により、完璧なパーツ性能によってリスクのないスケーラビリティを実現します。各射出回路に対してシステム動作が同一であるため、キャビテーションのスケーリングに関してプロセス条件の整合性が確保されます。パイロットから多数キャビティ(128のキャビティまで拡張可能)まで予測可能なプロセスにより、製造業者はバランスやショット間の変動に関する性能に悪影響を及ぼさずにキャビテーションを最大化できます。ブランドの所有者は、プロトタイプから多数キャビティ生産の認定までを加速できるため、市場への投入時間を大幅に短縮できます。

パーツデザインの柔軟性と自由度成形不能なパーツを成形

ウルトラショット射出システムを使用すると、ブランド所有者は、従来の射出成形プロセスでは不可能であった、制約がなく機能性の高い実証済みのパーツを製造できるようになります。この画期的なキャビティ充填制御とプロセス最適化により、圧力、L/T、および成形が困難な樹脂に関する従来の制約に打ち勝つことができます。これにより、パーツの樹脂の軽量化とプロセス時間の節約が可能になり、樹脂を柔軟に選択できるようになります。これによって最終的に、パーツデザインの自由度が高まり、プラスチック製パーツのデザインの次のレベルに引き上げたいブランドの所有者にとって無限の可能性が開かれます。

樹脂特性を維持

従来のホットランナと比較して、ウルトラショット射出システムでの溶融の場合、高圧射出サイクル数が少なくなるため、元の樹脂特性が維持されます。この結果、残留成形応力が減少し、成形パーツの機械的特性と光学特性が向上します。この射出成形技術によって、お客様の成形パーツの最高の物理的特性を実現できます。

プロセス制御

Altanium®金型コントローラを備えたウルトラショット射出システムは、射出成形用の非常に高度なプロセスモニタリングおよび制御を実現します。Altaniumプロセス制御は、再現性と追跡可能性を提供し、パーツの寸法の整合性、完璧なバランス、およびより安定したプロセスを実現します。デジタル分析を提供することで、射出成形プロセスに関する測定可能な秩序がもたらされ、お客様による様々なプロセスの完全な制御の傾向分析が可能になるため、操作が改善され、リスクが減ります。

射出成形の画期的な最新技術

溶融供給システムは、射出成形プロセスの「中核」にあり、金型セルの性能には不可欠です。ウルトラショット射出システムは、パーツデザインの自由度を提供しながら、リスクを低減し、パーツの品質を向上して金型の認定を早める方法でパーツ充填を制御します。「ハスキーを搭載」することで、製造業者は、ショットごとにシステムの中心を確実に最適に動作させることができます。これにより、他に類のないOEEが実現され、フットプリントを低減しながら生産性が向上し、全体的なパーツ製造コストが下がります。スケールアップし、より効率的なプロセス制御を実装し、競争の激しい市場に対処し、リスク、スクラップ、廃棄物、およびコストを減らすことを求めている医療、技術的パッケージ、および情報家電のパーツ製造業者には、このシステムが最適です。