2021年6月2日

ハスキーとChem-Trend、Altanium®ホットランナの温度制御機能向けに
シンプルで効果的なカラーチェンジ機能を開発

コラボレーションにより、処理業者に競争優位性をもたらすように設計された

まったく新しいガイド付きプロセスを実現

 

オンタリオ州ボルトン – プラスチック加工業界に産業技術を提供するリーディングカンパニーHusky Injection Molding Systems, Ltd.は本日、Chem-Trendとのコラボレーションにより、重要な色替えプロセスの再現性を高め、より高速かつ正確で最適化された手法を提供するシステムソリューションを発表しました。このチームが考案したのは、ハスキーのAltanium®金型コントローラのオペレータインターフェイス内でオペレータが容易にアクセスできる新しいガイド付き手順です。この手順では、ホットランナシステムを採用した金型の色替えプロセスを明確に設定し実行するための、簡単で非常に効果的な手法が説明されています。

 

この共同アプローチは、Chem-Trend Ultra Purge™ブランドのパージ化合物を使用するプロセスに基づいており、ホットランナシステムでの色替え時間を短縮し炭素形成を抑えるよう特別に設計されています。

 

「当社のお客様にとって高速で効果的な色替えプロセスは不可欠であり、色替え用途の増加傾向が続いています。Chem-TrendとのコラボレーションおよびAltanium®金型コントローラとの統合により、当社はこの重要な市場の要件に対処でき、お客様はより効率的で効果的な色替え性能を実現できるようになります」とHusky®ホットランナ・コントローラ部門グローバルビジネスマネージャであるマイク・エリスは述べました。

 

Chem-Trendとハスキーはともに、装置と従業員の稼働率を強化することによりお客様の営業利益率の大幅な向上を目指しています。試験結果によると、推奨プロセスに従った場合、スクラップ率が85%軽減され、金型のクリーニング効率が80%向上しました。

 

Chem-Trendの熱可塑性ソリューションのグローバルアカウントマネージャーであるグラツィアーノ・ペスタリーノはこう語っています。「当社は、色替えに正しいパージコンパウンドとプロセスを使用しなければ、処理業者にとって多大な時間とコストがかかるリスクがあることを知っています。この分野における当社の長年の専門知識とパージ技術の最新の進歩を、業界有数のホットランナシステムメーカーであるハスキーの技術と組み合わせることで、プラスチック製造業者はこれまで達成できなかったレベルの生産性と制御能力のメリットを享受できます」。

 

この新しい手法の詳細については、以下の内容を紹介したチラシをダウンロードしてください。

 

  • 統合Ultra Purge™カラーチェンジを手順ごとに解説した説明書には、色替えプロセスにおいて Altanium® 金型コントローラが使用する、ショット重量、コンバージョン率、Ultra Purge™の量などの設定が含まれています。
  • パージブースター機能により、色替えの時間をさらに短縮することができます。
  • 射出成形機からのデジタルサイクルカウント入力を設定することで、次の手順に進む前に適切な量のUltra Purge™コンパウンドが使用されたことを知らせることにより色替えプロセスをさらに自動化できます。
  • 色替えモードまたは黒斑点除去モード。
  • Ultra Purge™の色替えプロセスのすべての設定は金型セットアップファイルに保存され、実行する金型や色替えのプロセスに応じてAltanium®金型コントローラで簡単に呼び出すことができます。